フラット35の住宅ローンは固定金利で保証人不要

玩具の家

憧れのマイホーム

一戸建てや注文住宅、マンションなどの不動産購入を検討している人は、住宅ローンを組むことが一般的です。大きな買い物となりますので、無理のない返済計画を立ててマイホームを持つようにしたいものです。住宅ローンとしては、フラット35と、民間ローンが代表的ですが、それぞれメリットやデメリットがあります。

違いは?

まず、フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が提携しているローンです。全期間固定金利となり、保証人が不要という特徴があります。審査が通りやすいというメリットもあります。一方、民間ローンは銀行などの民間金融機関のローンで、全期間固定金利以外にも、変動金利や一定期間固定金利など金利の選択肢が多いです。ただし基本的に信用保証会社の保証が必要です。また、ローン審査が厳しいところも少なくありません。

フラット35でローンを組むときに気をつけるべきこと

先々の金利上昇

長期固定金利型ローンとなるため、最初に金利と返済金額が決まります。シンプルでわかりやすいですが、低金利の時代が長く続くと変動金利型ローンに比べて損をする可能性も高いです。

団体信用生命保険に入る

民間ローンは、団体信用生命保険に必ず入ることになりまずが、その費用を支払う必要はありません。しかし、フラット35では自分で任意加入して保険料を納める必要があります。

繰り上げ返済は100万円から

繰り上げ返済をするときは、少なくても100万円以上の金額からの対応となっています。ただし、繰り上げ返済手数料は無料です。

お金を借りる

マイホームを購入する際は、フリーローンではなく住宅ローンを組むのが一般的です。フリーローンは、急な出費に助かるローンで、限度額は50万円となっています。住宅ローンは住宅用のローンで、審査によって融資金額は変動します。越谷や、広島、大阪・枚方の住宅地でも多くの家庭が住宅ローンを組んでいます。住宅ローンであれば、高額な融資になっても、計画的に毎月返済していけるため、憧れのマイホームが手に入るのです。

住宅ローンを選んだ決め手は?

審査がスムーズ

安定した収入ではないため、銀行のローン審査がなかなか通らなかったのですが、フラット35で無地借りることができました。

安心できる

金利が上がるのが心配で、全期間固定金利のフラット35を選びました。保証人が不要だったところも魅力的でした。

シミュレーション

将来的なライフプランに沿ってシミュレーションしたところ、民間ローンの方がメリットがあってお得だったので、インターネット銀行で借りました。

繰り上げ返済

臨時収入があったらその都度繰り上げ返済をしたかったので、少額からでも可能な民間ローンを選びました。ただ、手数料が意外とかかってしまうのがネックですね。

広告募集中